健康のためのサプリ生活
症状で選ぶ
目的で選ぶ
ハーブサプリ
ミネラルの多い食物
ビタミンの多い食物

 

   症状で選ぶ



    肩こり 

ビタミンE
肩こりはビタミンEを摂ります。ビタミンEは自律神経に働きかけることで、血管の収縮を促す


神経伝達物質の生成を抑え、毛細血管の拡張をはかる。頭痛や肩こり、冷え性などの
血行不良による症状の改善が期待出来ます。



    月経前症候群

ビタミンB6
月経前症候群はビタミンB6を摂ります。女性は月経前の排卵期になると血中ビタミンB6
濃度が著しく低下します。イライラや吐き気、頭痛やだるさなどを伴う月経前症候群の人に
ビタミンB6を投与すると、症状が軽減したという事例も報告されています。
ホルモンバランスの崩れから月経前症候群など引き起こす場合もあるので

 

    アトピー性皮膚炎 

ビオチン
ビオチンは皮膚炎予防因子として古くから皮膚病の治療に効果があると言われてきた。
乳幼児はビオチンの産生や吸収がひくいので皮膚形成がそこなわれて、その結果
アトピー性皮膚炎が発生するのではと言われています。実際、ビオチンを投与したところ
症状が改善する場合があったそうです。
しかし日本ではまだ食品添加物として認められていないので、粉ミルクにもビオチンが
含まれていないので、アトピーの原因の一つにも考えられているそうです。



     下痢 

ビタミンA
下痢にはビタミンAを摂ります。ビタミンAが不足すると、消化器系の粘膜が薄くなり
この粘膜が不足すると消化吸収が悪くなり下痢になります。
ビタミンAは粘膜等の上皮細胞の新陳代謝を促し、正常な働きを維持するのに役立つ。



     高血圧 

カリウム
高血圧にはカリウムを摂ります。カリウムには腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制する
働きがあるのでナトリウムの尿としての体外への排泄も促す。
そしてカリウムには末梢血管を拡張して血圧を下げる働きもあります。

 

    歯周病

カルシウム
歯周病にはカルシウムを摂ります。カルシウムが不足してくると骨や歯からカルシウムが
溶け出してきて肩こりや腰痛、重症化すると骨軟化症や骨粗鬆症などを引き起こします。
また歯の質も低下してきて歯周病といった症状を招いてしまいます。
 
 



    頭痛 

ナイアシン
頭痛にはナイアシンを摂ります。 ナイアシンの摂取により血管が拡張、その効果は末梢部で
血行の改善が図られます。指先や顔、耳などがあったかく感じることもあるそうです。
このような症状が現れたとしても健康上も特に問題は無く、一時的なもので消えます。
ナイアシンの血行改善は、冷え性や頭痛などにも効果的です。



      不安 

ビタミンB1
不安にはビタミンB1を摂ります。ビタミンB1不足でエネルギーが必要量満たされないと
脳は中枢神経、末梢神経のコントロールを十分にできなくなって精神が不安定になったり
(イライラや不安など)、運動神経の低下、集中力の低下を招いてしまいます。



    味覚異常 

亜鉛
味覚異常には亜鉛を摂ります。味細胞には亜鉛が多く含まれていて亜鉛が不足すると
味細胞の形成にも支障が起きてしまいます。
味覚障害も初期の段階なら亜鉛の補給で改善しますが長期に渡ると味細胞が完全に
壊れてしまうので、注意して下さい。



     無気力 

ビタミンB12
無気力にはビタミンB12を摂ります。ビタミンB12には精神の安定、集中力、記憶力を
向上させる働きがあります。不足すると、イライラや、無気力、集中力、記憶力の
低下を招いてしまいます。さらにひどくなると、運動神経機能の低下、手足のしびれ
痛みなどの症状まで出てきます。



      肌荒れ 

パントテン酸
肌荒れにはパントテン酸を摂ります。パントテン酸は、細胞と細胞の接着剤である
コラーゲンの生成に必要なビタミンCの働きを助けることでお肌の健康を
維持するのに役立ちます。


ビタミンC
肌荒れにはビタミンCを摂ります。ビタミンCが不足すると十分な水溶化がされなく
なってしまうためコラーゲンの生成に影響がでてきてしまいます。

check

【携帯買取一丁目】iPhoneやiPad・白ロム・携帯高値買取
http://www.keitai-shop.jp/
廃品回収 大阪
http://osaka-4r.com/?%E5%AE%B6%E9%9B%BB%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB
ペット火葬 東京
http://www.owners-i.com/
iphone 買取
http://goldshirorom.com/
健康補助食品 通販
http://www.jinshomaru.com/

Last update:2016/9/29

Copyright (C) 健康のためのサプリ生活. All Rights Reserved.